たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  八王子市 八王子市

グリーンタイガーが目覚める!!

明日20日(土)に高尾駅前にて無料開催

【「グリーンタイガーが目覚める!―進行中の中国環境運動」上映会】

コーディネーター坂田昌子さんより
「本当は空も海も国境何てものは関係がない。大気汚染、放射性物質は軽々と国境を超えるし、渡鳥たちも越える。環境運動も一国主義を克服しなくては…まずはあまり馴染みのない中国の環境運動の現状を知ることから!ぜひ、ご参加ください。」

日 時:5月20日(土)13時~17時
参加費:無料。予約は
https://ws.formzu.net/fgen/S18803302/   
場 所:むみじか  (高尾駅南口徒歩3分)
     東京都八王子市初沢町1299
ゲスト:朱惠雲(東アジア地球市民村)
コーディネーター:坂田昌子(虔十の会及び国連生物多様性の10年市民ネットワーク代表)


中国の環境問題と聞いて、日本人の頭に浮かぶのはPM2.5やすさまじいスモッグで覆われた北京の灰色の空だと思います。
確かに急激な近代化を推し進めた中国で環境問題は深刻な状況。
PM2.5だけではなく、巨大ダム建設問題など様々な開発による生態系や人々の暮しの破壊という問題も抱えています。

しかし、このような環境問題に取り組む草の根の活動家たちがたくさん存在します。
同じ東アジアであり、日本には多くの中国人が訪れるにもかかわらず、わたしたちは中国の環境活動がどのように取り組まれているのかまったくと言っていいほど知りません。

環境問題は国境を越えて解決の道を模索しなくてはならないテーマです。また、日中の政治的環境が良好とは言えない今の政権のもとで、国家を介さず、face to faceの付き合いを積み上げていくことはとても大切!
いつの日か、渡り鳥たちが自由に大陸と日本列島を行き来するように、わたしたちも国境を越えてつながり、様々なことを語り合いたい…

なかなかつながりを持てていない現状を変えていくための第一歩として、中国の環境運動最前線の現況をダム問題の映画を見ながら朱惠雲さんに解説していただき、じっくりゆっくり話し合いましょう!
(朱さんは日本語ペラペラなのでご心配なく!)




 
ここまで、坂田昌子さんからの案内文。

というわけで、明日はむみじかでお待ちしております。予約なしのドタ参、遅刻、早退、ドタ参も歓迎です。稀有な機会ですので、ぜひ少しでも足をお運びください!!
(虔十の会スタッフ 萩岡まみ)
  


  • 2017年05月19日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 11:542017

    高尾山の春満喫ガイド

    ◆坂田マサコの高尾山の春満喫ガイド@裏高尾◆

    高尾山は春爛漫!
    足元にひろがる多様な草花たち、上を見上げれば樹木たちの芽吹き、さまざまな鳥たちのさえずり。
    4月の高尾山で、いろんな命がうごめいている自然界の不思議に魅入られる一日を過ごしませんか? 





    草木や虫たち、鳥たちが紡ぐ命の物語を伝えるガイドを行います。
    ぜひ、ご参加ください。

    ガイド紹介~坂田昌子~
     国連生物多様性の10年市民ネットワーク代表/環境NGO虔十の会代表。
     CEPAジャパン理事、高尾山ネイチャーガイド。また環境関連だけでなく高尾山天狗トレイル実行委員長、八王子古本まつり実行委員長など 地域活性化にかかわる活動も積極的に取り組んでいる。
     地元の東京都高尾山の自然保護を行いつつ、生物多様性条約締約国会議や国連持続可能な開発会議などにも継続的に参加。ローカルとグローバルをつなぐ環境活動に力を入れ、日本各地での講演活動や地域の生物多様性保全の取り組みへの協力を行っている。

    【日時】4月23日(日)
    集合10時、10時30分出発
    解散は16時予定

    【集合場所】日影沢林道入り口
    (八王子市裏高尾町1343-1)

    【アクセス】JR/京王線「高尾駅」北口より「小仏行き」バス乗車、日影バス停下車、バスの進行方向に徒歩3分。
    ※9時52分発に乗ってください。本数少ないのでお気をつけください。
    ※駐車場がわずかしかありませんので、できるだけ公共交通機関を利用してお越しください。

    【参加費】2000円(湧き水コーヒー付き、小学生以下無料)

    【持参するもの】飲み物、お弁当、歩きやすい靴(スニーカーで大丈夫です)、雨天の場合は雨具

    【参加申込方法】
    takao.kenju@gmail.comまで連絡下さい。
    件名を「4月23日ガイド」とし、お名前、年代、人数をお願いします。
      


  • 2017年04月16日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 17:172017

    森で出会う百薬たちの世界

    虔十の会代表・坂田マサコが主催している八王子古本まつり関連のお知らせです。
    坂田さんが実は古本屋だということを知らない人が以外に多い(笑)

    坂田さんより
    「八王子古本まつり恒例のカフェトーク、今回のゲストは日本でただ一人のチベット医である小川康さん。
    お話しめちゃくちゃ面白いですよ~
    先日、上田まで会いに行ってきました。なんと5時間ちかくお互いしゃべりまくり(笑)
    その楽しさをみなさんにお裾分けしたいのでぜひ来てくださいね~」

    以下、イベント詳細です。



    【森で出会う百薬たちの世界】

    実は世界でも有数の、植物の多様性が豊かな国、それが日本です。特に八王子市には日本で一番植物が多い高尾山(約1300種)が鎮座しています。
    90歳以上のおばあちゃん・おじいちゃんの時代「植物に囲まれている」ということは、すなわち「薬に囲まれている」ということでもありました。山や野に入り、当たり前のように様々な植物を見分け、煎じたり、乾燥させたり、お風呂にいれたりと使い分けていました。
    そんな伝統的な知恵がどんどん失われ、植物たち=百薬を使う文化が消え始めたとたん、百薬たちは雑草になってしまったように思います。
    日本で唯一のチベット医・小川康さんをゲストにお招きして、森は色とりどりの薬草で溢れていること、薬草文化のこと、チベット医学とは?医学とチベット仏教の関係は?など、お話しを伺います。

    ■コーディネーター 坂田昌子(高尾山生物多様性ガイド、八王子古本まつり実行委員長)

    ・ひにち 14:00-17:00
    ・ところ となりわ / 八王子市横山町9-10
    (JR八王子駅北口から徒歩8分)
    ・参加費 1,500円 + 1 order
    ・申込み 氏名、参加人数、連絡先を記載の上、以下までご連絡ください。
     Eメール gensen31@dance.ocn.ne.jp
     FAX 042‐684‐9119


    ◆ゲストプロフィール
    小川康(薬剤師・チベット医)

    東洋と西洋の医学を薬学で結ぶ情熱の薬剤師。
    富山県出身。1970年生まれ。「森のくすり塾」主宰。東北大学薬学部卒。薬剤師。元長野県自然観察インストラクター。薬草会社、薬局、農場、ボランティア団体などに勤務後、 99年1月よりインド・ダラムサラにてチベット語・医学の勉強に取り組む。2001年5月、メンツィカン(チベット医学暦法学大学)にチベット圏以外の外国人としては初めて合格し、2007年卒業。晴れてチベット医(アムチ)となる。チベットの歌や踊りにも造詣が深い。2009年7月小諸に富山の配置薬を扱う「小川アムチ薬房」開店。(現在は「森のくすり塾」に改称、長野県別所温泉に移転)2015年3月、早稲田大学文学学術院を卒業。修士論文のテーマは「薬教育に関する総合的研究」 著書:『僕は日本でたったひとりのチベット医になった ヒマラヤの薬草が教えてくれたこと』(径書房)『チベット、薬草の旅』(森のくすり出版)
    http://morinokusurijyuku.net  


  • 2017年04月11日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 00:252017

    鎮守の森と生物多様性~生きものぐらしの心得~


    毎月開催されている、虔十の会代表の坂田昌子が講師の虔十寺子屋カフェ・生きものぐらしの心得vol.9のご案内です。
    直前のご案内ですみません。

    ・日 時 4月4日(火)19時~21時
    ・場 所 いまここcafe杜丸
         高尾駅北口駅前のコミュニティカフェ
    http://imakokocafe.wixsite.com/morimaru/location
    ・参加費 1000円+1オーダー


    ~鎮守の森と生物多様性~

     神社に行くとまずは鳥居をくぐって、参道を進むと森に囲まれたり、バックに森を抱えたお社があり、わたしたちは自然と森や山に向かって礼拝をする形になります。このような神社を囲むように存在する森を「鎮守の森」と言います。

     わたしたちは、神社にある建造物に神さまが宿っていると思いがちですが本当はそうではありません。もともとは、森や山そのもの、巨岩、滝、清水がわき出ている場所など自然物が信仰の対象だったんです。鎮守の森には、樹齢何百年にもなる大木があったり、フクロウ類やムササビをはじめ地域の守り神とみなされる動植物が生息しています。また、お祭りや年中行事の中心には、いつも鎮守の森がありました。地域住民にとっては大切な場所なので、みんなで手入れを行い人々の心のよりどころだったわけです。

     そんな日本は集落ごとに鎮守の森があったと言っていいほど鎮守の森だらけでした。
    その数だけ祀られる神様が存在したということです。明治39年に施行された「神社合祀令」以降、小さな神様は大きな神様にどんどんまとめられてしまい、伐採されて消えた鎮守の森は大変な数にのぼります。そして今は、都市化とそれにともなう地域コミュニティの消失によって鎮守の森はどんどん減ってしまいました。

     今残っている鎮守の森は、長い信仰の歴史によって守られてきたので、植生はその地域本来のものであったり、地域固有のものであったりします。鎮守の森と生物多様性はとても深い関係にあります。

     さまざまな鎮守の森を知り、破壊と保存の経緯を学びながら、わたしたちにとって鎮守の森はどんな意味があるのか考えてみましょう。


    ☆生きものぐらしの心得とは……

    生き物(生物多様性)の話しとなると、
    「絶滅危惧種の話しかな?」
    「動物には興味ないんだよなー」
    「植物は見て楽しめればいいやー」
    などと、思われる方も多いかもしれません。

    もちろんそういう分野も大切なことなのですが、生きものぐらしの心得では文化、暮らしに注目!!
    生物多様性は知ってみればみるほど、身近な話題が満載です。

    講師は、高尾山の環境保全に取り組み続けているNGO虔十の会(ケンジュウノカイ)の代表・坂田マサコさん。国連生物多様性の10年市民ネットワークの代表でもあり、小さな町のカフェから海外の国際会議までと世界を飛び回る女性。
    本業(というか収入源としてのお仕事)は古本業を営む。大学では歴史学を専攻。

    専門家にしか分からない専門用語が並んだりはしないのでご安心ください。フツーの人が分かる言葉で痛快にお話してくださいます♪

    ご参加お待ちしています。

    (投稿者 虔十スタッフ・まみ)

      


  • 2017年04月03日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 11:332017

    海の高尾山からSOS!

    「海の高尾山」とも言うべき生物多様性の宝庫、瀬戸内海山口県上関町の田ノ浦が原発建設の埋め立てのための工事が強行されようとしています!

    現地で抗議行動をしている虹のカヤック隊のブログ
    http://ameblo.jp/nijinokayaker/

    18日から名古屋で国連生物多様性条約締約国会議(COP10)が始まろうとしている矢先に!

    日本はその会議のホスト国。
    世界の先頭にたって生物多様性を守るために取り組まなければ成らないのに、まったく逆のことをやっています。


    もし田ノ浦の小さな命を守るために何かしたいと思ったなら、まずは友人知人に「こんなことが起きているよ」と伝えたりつぶやいたりすることからやっていただけないでしょうか?

    さらにもっとできることがある人はやってみましょう!

    詳しいことはわからなくても、細かいことは知らなくても、共感したり、嫌だなと感じたら、どんどんうかつに声を上げる権利と義務を私たちは持っています!



    【転送・転載歓迎】
    田ノ浦レポート「台船が来ています」(午前9時半現在)

    田ノ浦の埋め立て工事のための台船が今確認できる範囲で3台、田ノ浦周辺にきています。

    祝島から漁船が約20隻出て台船の周りで抗議をしています。

    大型の地盤改良船(海底を固める台船。周防大島の小松港発)が柳井の沖に、

    ガットバージ船(と思われる、砂を落とす台船)が田ノ浦と祝島間に、

    四代の沖にクレーン台船がいます。

    地元住民や全国の多くの声を無視して埋め立てを強引に進めないようみなさんの声を届けてください!
    よろしくお願い致します!


    中国電力

    TEL 082-241-0211

    FAX 082-523-6185


    中国電力 上関原発準備事務所

    0820-62-1111


    井森工業

    (「地盤改良船」の業務)

    0820-22-1500

    緊急の場合

    080-5612-6710

    080-1939-4251

    山口県知事への提言
    TEL 083- 933-2570
    FAX 083- 933-2599
    メールフォーム
    https://cgi01.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/koho/chiji-teigen/3teigen.htm
      


  • 2010年10月15日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 15:01Comments(0)

    ゴールしました!

    7Generationswalk for cop10 east 無事10月8日にゴールしました!

    高尾山でのウレシパモシリでたくさんの方に見送っていただき、
    多くの方と出会い、短くてもスケジュールを合わせて参加してくれた参加者、
    宿の提供、食事の提供などさまざまな方にお世話になりました。

    関わっていただいた全ての方に感謝の気持ちでいっぱいです。
    本当にありがとうございました!

    ゴールして感じることは、世界は何も変わらなかったということです。
    車は排気ガスをばら撒きながら走り、夜でも街の灯りがまぶしく、空には飛行機が飛んでいます。
    でも、決して無意味なウォークでは無かったと確信しています。

    雨降りの中を歩く楽しさや、地球の上を歩くことの喜びや、地球の素晴らしさ。
    たくさんの事を感じることができました。
    この体験をメッセージとして、多くの方に伝えられればと考えております。

    また、皆さんとお会いできることと、共に歩けること、7世代先に美しい地球を繋げられることを
    願って。


    7Generationswalk  平川 瞬  


  • 2010年10月12日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 09:40Comments(0)7 Generation Walk

    ウォーク13日目 岡崎→豊田


    みなさ~ん
    最後の朝ですよ~♪





    慣れた手つきで準備して。
    昨日のゴールまで移動。

    さあ、始まります。






    見送りありがとうございます。
    お世話になりましたm(_ _)m



    最終日は天気に恵まれました。







    陰と陽がはっきりわかるような日。

    高尾を出発した初日を思い出した。
    最終日のウォークは、初日に戻った気分だった。
    懐かしいような、新しいような…

    歩くことは、まだまだ続いていくって事かな。
    先はいくらでも長い。


    でも今日はゴールがある。

    がんばろう。






    ティダと、うみ。
    ワンちゃん方もぐったり。





    子供たちはいつまでも元気(^^;
    凄いパワーに圧倒されっぱなし。
    五歳の女の子が、
    平気で15キロぐらい歩いて走り回っていました 笑





    そして、ついについに…

    ゴールの名古屋城…じゃなくて、豊田スタジアムが見えてきました!






    雲が陰りはじめ、まるで要塞。




    でかい。



    周辺では、豊ロックの設営がされてました。




    そのすぐ横の橋の下には…





    いました!
    上関と、若狭からのウォーク隊♪


    ここに終結!!




    みんなで喜び合う




    お疲れさま~!


    西と東から名古屋に集まる。

    やっぱ、すごいね。
    気持ちいいです。







    無事着きました!
    お世話になった方たち、本当にありがとうございました。

    みんなそれぞれ、歩きながら

    たくさんのことを感じて

    たくさんのことを忘れて

    たくさんのことに気づいたと思います。


    みな様にお世話になったように、
    このメンバーは、誰かの為に動いたり助けたりすると思います。


    僕はそれが楽しみです。


    誰かの為に何かできることは素敵なことですからね~♪





    最後に、
    ブログを読んでくれた方々どうもありがとうございましたm(_ _)m
    サッボテばかりですいません(^^;

    僕は今月名古屋で虔十の会のボランティアをしてます~
    見かけたら声かけてくださいね 笑


    7Gは23、24日にもパレードや日の出ウォークを予定しています。
    ぜひ参加してみてくださいね~♪




    さあ、何をしようかな~♪



    幹太
      


  • 2010年10月09日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 09:17Comments(0)7 Generation Walk

    ウォーク12日目 豊川→岡崎



    マスターおはようございます♪





    定休日にもかかわらず、
    朝早くからすいませんm(_ _)m





    岡崎に向けて出発の準備。

    今日も暑そうだ…。



    マスターに感謝、感謝。

    経験したことを、ありのままに話してくれるマスター。
    話がわかりやすい。
    だから親しみやすい。
    そうやってまた、繋がっていくんだな~

    遅くまで楽しそうに話してたゆっさんを見て、
    ここにお世話になってよかったと思いました。


    マスター本当にありがとう。


    行って来ます♪












    朝から一号線は混雑。
    トラックだらけで…雑音だらけ。






    でも、少し裏道に入れば東海道。
    チラホラ昔ながらの建築がありました。

    カッコイイ






    昼前に岡崎に突入!







    太陽の下で昼食♪
    美味しそうだね~






    名古屋に近づくにつれて、
    旗に書いてあるCOP10に反応する人が増えてきました。
    やはり、こっちでは盛り上がっているようです。
    もっと、もっと広げなければ!





    そして無事にゴール。
    みんな暑さに少しやられてます(^^;




    今夜は岡崎の山の中に泊まるみたいです。
    いつもお世話になっているみたいです。

    本当にありがたいm(_ _)m



    そしてなんと、獅子肉を頂きました!
    スーパーで大量に買ってきた豪華食材と、獅子肉。

    あと、用意してくださった味噌煮込み。


    贅沢鍋三昧~♪






    泉まかない隊長~♪

    ご馳走様です。




    夜は遅くまで火を囲みながら…







    幹太
      


  • 2010年10月09日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 08:08Comments(0)7 Generation Walk

    ウォーク11日目 浜松→豊川








    今日はついに愛知県!
    豊川市に向かいます!!





    PAYAKAの皆様ありがとうございました。
    また南国の風に是非当たりにきたいです~♪


    そして、ウォークのメンバーが増えました。


    ゆっさんも帰ってきて、総勢12人になりました。
    歩くメンバーは8人。



    七時前にはスタート
    今日もいい天気です。



    新しい仲間と、色んな話をしました。
    歩きながら話すのは、とてもちょうどいい。



    浜名湖にはたくさんの魚の稚魚が見えました。
    生物多様性ですね♪ 笑





    浜名湖といったら、やっぱりうなぎですね~。




    昼前にはついに!
    愛知県に突入!!

    ウォークも後わずかで着くことを感じますね…(^^;


    1号に入って豊川を目指します。




    夕日がきれいだ~。
    みんな今日歩いてよかった。
    そう思ったよね。
    一日の終わりがよくわかる。
    肌で感じられました。



    予定よりも早くに到着。



    今日お世話になるのは、
    「Brown Sugar Cafe」です。

    実は、
    以前僕がやれできマラソンでお世話になったカフェです。
    今回も泊まる場所を探していて、
    電話したら二つ返事でオッケーしてくれました。

    マスターありがとう。

    繋がりよありがとう。



    ご飯と、交流会の前にお風呂♪

    日本は水の国。
    本当に気持ちいい。
    お湯が使えるということはきっと、
    とっても貴重で素晴らしいことなんです。

    それが、身近ということに感謝しないと。








    帰ってきたら、みんなで夕食と、カフェのお客さんと交流会。

    オムライス、かなりおススメです!

    僕らがしていることや、考えていることを一人ずつ話しました。



    どんなことを考えて歩いているのか。
    一人ずつ違って当然いいんだよね。
    それがわかっているかどうかが大事。



    久しぶりです、カフェに集まる豊川のメンバー♪






    マスターは、人に喜ばれることをしたいと話してくれました。
    そんなカフェに、間違いなくなっていると思います!



    みんなが集まれる場所、集まる場所。

    きっと、あなたの街にもあるはず。




    幹太
      


  • 2010年10月07日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 07:07Comments(0)7 Generation Walk

    ウォーク10日目 浜松市内


    きれいな朝です。



    PAYAKAの菜園をみんなでお手伝い♪




    自然農によって、畑を醗酵させる。







    落花生を収穫。




    にんじんを間引き、収穫。



    いい天気の下で、和気藹々と…
    気持ちいいことをしよう♪



    畑の中の記念撮影 笑




    畑仕事の後は
    採れ立ての食材をつかった昼食。




    食材を自分で作って。
    料理を自分で作って。
    歩いて自分で消費して。
    またお腹がすく。

    わかりやすい。


    さっき採ったものをいただく。


    ありがたい。

    その言葉がわかりやすい。





    いただきます。









    午後からは貯金ウォーク。
    さあ、10キロほど稼いどきましょうか~笑




    いつも朝から歩く者にとって、南中の太陽は辛い…

    風はからから
    喉もからから




    影はうっすら
    日に負けそう



    予定通り。
    10キロでPAYAKAに帰宅。





    今日の夕ご飯はBBQ~♪

    スパゲッティーのグラタン。

    朝採った茹で落花生。

    間引きしたにんじんの天ぷら。

    はっきり言って、贅沢です!


    作っていただいた皆さん、
    ありがとうございますm(_ _)m




    いい雰囲気の中
    みんな楽しく会話も弾む~



    僕は秋刀魚を焼いてました。

    おいしい♪



    そして…


    坂田さんの登場!!






    泉さんの運転で五時間半かけて浜松まで…


    二人ともお疲れさまです。


    東名の集中工事。
    みんな気をつけてください。









    今日でnagatomoさんは、仕事のため東京へ

    nagatomoさん本当にありがとう。
    大変助かりました。
    手際のよさはぴかイチ!


    誰かのために、何かをしている。
    その人はかっこよかった。


    代わりに、泉さんと、ちほさんが明日からサポートです。
    よろしくお願いします(^^






    PAYAKAの店主のとおるさん…
    本当にありがとう!ございました!!

    縄文式、自分で代金を決めるというやり方のPAYAKA。

    でも、とおるさんのご好意に浸りました…

    「頑張ってね」という想いが優しく伝わりました。




    誰かによって、できた余裕。
    ぼくはその余裕をつっかて誰かに返していく。
    とおるさんの優しさを、僕の優しさを。

    ゆっくり優しさが循環していく…
    めぐっていく。
    そしたらいつの間にか円になる気がします。





    ちなみに坂田さんは、
    秋刀魚を食べてnagatomoさんと帰っていきました。

    五時間半かけて…
    秋刀魚食べて…
    パワフルにしゃべって…



    おわり(笑)



    幹太

      


  • 2010年10月07日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 00:30Comments(0)7 Generation Walk