たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  八王子市 八王子市

2017衆院選・原発ゼロ度アンケート

原発ゼロ部、2017衆院選始動。
以下長いですが、原発に興味・関心がある方は是非ご覧ください。

★★★★★
今回の総選挙では、「改憲」「消費税」とともに小池さんが希望の党のマニフェストとして「原発ゼロ」を掲げたこともあり原発が争点の一つになりました。

でも「原発ゼロ」と言いつつ「再稼働容認」という発言。原発ゼロを目指すと言っても中味がどうも政党や候補者ごとでバラバラのような…

気になったわたしたちは、原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟の「第48回衆議院議員選挙での原発問題について」アンケートに合わせて虔十の会「教えて!あなたの原発ゼロ度」プロジェクトとして、全候補者にアンケ ートを送り回答を求めました。

「原発ゼロ」という公約だけではなく、具体的な実効性や本気度を知る参考にしてください。
また、同じ政党でも「原発ゼロ」度は、各候補者で異なります。そのあたりもチェックしてください。

アンケートは小選挙区の候補者936名の内、最後まで送付先が不明だった79名をのぞいた857名にFAX、メール、facebookのメッセンジャーでアンケートを送付しました。写真で添付したのがその全文です。

回答数は229名、約27%の回答率です。

内訳は、
自民     16(候補者数277名) 
   回答率(0.00以下四捨五入) 6%

希望     25(候補者数198名)
   〃            13%

公明      0(候補者数9名)
   〃            0%

共産    124(候補者数206名)
   〃            60%

立憲民主  27(候補者数63名)
   〃            43%

維新     15(候補者数47名) 
   〃            31%
(注:大阪選挙区は維新本部が全員同じ見解として回答したため回答率が高くなっています)

社民      6(候補者数19名)
    〃           32%

幸福実現   2(候補者数35名)
    〃           0.6%

諸派      1(候補者数9名)
    〃           0.1%

無所属    13(候補者数73名)
    〃           18%

選挙戦の多忙な中、回答をくださった候補には大変感謝します。

以下、全回答がはいったデータの閲覧リンクです。データは閲覧のみですが、このデータをもとにどんな方法で発信していただいても構いません。(ただ、伝言ゲームで内容が変わってしまうこともありますので、元データがどこからきているのかだけは記載願います。)

北海道・東北
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1MBiV_TjJrcry1UCql2zIi5gOw0p1p5_cnb27EecdkLs/edit?usp=sharing

関東
https://docs.google.com/spreadsheets/d/17JJ5IshAPul80_tN4NSHibbee7S2RHSUDyi8ZTo0iwE/edit?usp=sharing

北陸・甲信越
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1SBlPycF_J5PW-df-ahNgMsbzuf8eY1EblRTAZFoJp7Y/edit?usp=sharing

中部・東海
https://docs.google.com/spreadsheets/d/16_EDjoiGzd48fHtPjSSmLvaygIx95o8IJ-OUALvF-ik/edit?usp=sharing

近畿
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1XcMTwknu1QAGIaAnkArDnWT34dp8raFEjSJRJFtNiao/edit?usp=sharing

中国・四国
https://docs.google.com/spreadsheets/d/13b4sQ0ax9hp1ckuOJwRwU6euQH6-aarWtJxgDxalucg/edit?usp=sharing

九州・沖縄
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1rGHNH2OEkBow9aj4UrSczeCb1_U9zqtpKZhzvaGBpGA/edit?usp=sharing

★★★★★

以下は、虔十の会代表・坂田昌子の感想です。

今回のアンケート調査では、新人候補の連絡先を調べるのに苦労しました。
突然の解散、野党の再編などで告示日にまだ事務所やホームページがない方も多数いました。

国民に信を問わねばならないような政策をめぐって議論があるなら「これは解散しかないかも…」と準備も始められたかもしれませんが、臨時国会で所信表明さえ行わず冒頭解散では大変なのも無理はないと感じ ました。野党の準備が整わないうちに…という党利党略を実感。

候補者の事務所など連絡先がわからないというのは、有権者にとっては政策について尋ねる方法がないということですから大きな問題です。

回答率から見えることは、各政党がどちらを向いて選挙を行っているのか?ということです。回答率が低い政党は、あまり一般市民を意識していないと言えます。

特に驚いたのは、奈良2区自民党の高市早苗候補です。高市早苗候補のみが、アンケートや質疑などをいっさい受け付けないことを表明しています。

有権者が聞きたいことに答える気がないというのは、いったいどういうことでしょうか?

送付した全候補(もちろん自民党も含めて)、このような対応をとっているのは高市早苗候補以外に存在しません。どうも彼女は民主主義をまったく理解されていないようで困ったものです。

回答数は、地域によってかなりばらつきがあります。誰も回答を送ってこなかった都道府県は

熊本、佐賀、沖縄、島根、香川、徳島、高知、福井、山梨の9県です。

1名のみの県は、
群馬(立憲民主のみ)、和歌山(共産のみ)、大分(立憲民主のみ)、岡山(共産のみ)

これらの選挙区は、総選挙であるにもかかわらず国政にかかわる政策があまり重視されていない選挙が行われているのかなぁと思ってしまいます。

特に四国はひどい…愛媛県で4名の候補者が回答していただけです。

無回答も含めていろいろ見えてきます。
選挙は最低限の民主主義です。

生きた民主主義のためには、一般国民からも候補者に「当選したら何をするつもりなの?」とどんどん尋ねて、コミュニケーションをしっかり重ねてゆき、選挙後も対話していかなければならないと痛感しました。












  


  • 2017年10月20日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 21:372017

    マサイと歩く高尾山&アフリカンlive&talk

    11月4日(土)
    【Maasai meets Mt.TAKAO】




    マサイの青年リーダー、ジャクソンさんがケニアの大地から高尾山に参上!
    マゴソスクールの早川千晶さんたちもいっしょに高尾に来てくれます。

    ジャクソンさんといっしょに高尾の森歩きをしたり、トーク&ライヴで大自然のこと、伝統的な暮し、スラムで生きる子どもたちのこと等などいろんな事をワイワイ語り合い、アフリカの音楽を全身で楽しんだり、そんな一日を高尾山で過ごしましょう!

    ~第1部~
    『マサイといっしょに高尾山ゆるゆる散歩』

    10:00 ツリーハウス下(日影沢林道入口。八王子市裏高尾町1343-1)集合
        JR/京王線 高尾駅北口 9時52分発の小仏行バスに乗車、日影バス停下車、バスの進行方向に徒歩2分
    10:10~13:00 坂田昌子の生物多様性ガイド
    13:00~14:00 高尾ツリーダム(ツリーハウス)で昼食

    ✳小雨決行、雨天の場合はツリーハウスで過ごしますので雨でも予定どうりに集合してください。
    ✳歩きやすい服装、靴でお越し下さい。
    ✳駐車スペースが限られていますので、公共交通をご利用下さい。車で参加ご希望の方は参加申込の際ご相談下さい。
    ✳昼食はご持参下さい。


    ~第2部~
    『アフリカン・トーク&ライヴ 』

    場所 むみじか(高尾駅南口徒歩3分、八王子市初沢町1299)

    16:00開場
    16:30~17:30 LIVE「精霊を呼ぶタイコ~ケニア・ドゥルマ民族のンマゴ」大西匡哉 with 早川 千晶
    17:50~19:20 ジャクソン+永松真紀+早川千晶「自然と共に生きるマサイの暮し~サバンナからのメッセージ~」
    19:20~19:50 坂田昌子「遠い大地と共振する力を」

    [参加費]
    第1部 3000円(1drink付き、昼食は各自ご用意ください)
    第2部 3000円
    通しで参加の方 5000円

    ✳イベント収益は、実費をのぞいてマゴソスクールに寄付いたします。

    [参加申込]
    第1部 定員30名(先着順)
    第2部 定員なし

    [申込方法]
    入力をお願いします。
    https://ws.formzu.net/fgen/S77270206  


  • 2017年09月28日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 12:112017

    坂田マサコと歩く10月の秋の恵みの高尾山@裏高尾

    ◆坂田マサコと歩く秋の恵みの高尾山@裏高尾◆

    秋が深まるころ、高尾山の草薮はとても美しくなります。
    うっそうと茂っていた夏の様子からはすっかり様変わり。
    ミズヒキ、タデ、キンミズヒキ、ミゾソバ、様々な野菊といった小さな花たちが赤、黄、白と草藪を彩ります。


    秋の森は、あちこちにすきまができ始め、そこを通り抜ける秋風は
    寂しいけど優しいのです。
    一方で秋は実りの季節。

    地面はクリ、クルミ、ドングリでいっぱい。
    草木たちは、色とりどりの実をつけて鳥や動物たちにアピール!
    いろんな山の恵みに会いにきてください。

    ガイド紹介~坂田昌子~
     国連生物多様性の10年市民ネットワーク代表/環境NGO虔十の会代表。
     CEPAジャパン理事、高尾山ネイチャーガイド。また環境関連だけでなく高尾山天狗トレイル実行委員長、八王子古本まつり実行委員長など 地域活性化にかかわる活動も積極的に取り組んでいる。
     地元の東京都高尾山の自然保護を行いつつ、生物多様性条約締約国会議や国連持続可能な開発会議などにも継続的に参加。ローカルとグローバルをつなぐ環境活動に力を入れ、日本各地での講演活動や地域の生物多様性保全の取り組みへの協力を行っている。

    【日時】10月21日(土)
    集合10時、解散は16時予定

    【集合場所】日影沢林道入り口
    (八王子市裏高尾町1343-1)

    【アクセス】JR/京王線「高尾駅」北口より「小仏行き」バス乗車、日影バス停下車、バスの進行方向に徒歩3分。
    ※9時52分発に乗ってください。本数少ないのでお気をつけください。
    ※駐車場もあります。数に限りがあるので、申し込みの際に車での来場の旨お伝え願います。

    【参加費】2000円(湧き水コーヒー付き、小学生以下無料)
    【定 員】 10名
    【参加申込方法】入力願います
    https://ws.formzu.net/fgen/S81707786/

    【持参するもの】飲み物、お弁当、歩きやすい靴(スニーカーで大丈夫です)、雨天の場合は雨具  


  • 2017年09月28日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 12:002017

    平日ガイド。坂田マサコと歩く秋の恵みの高尾山

    ◆坂田マサコと歩く秋の恵みの高尾山@裏高尾◆

    秋が深まるころ、高尾山の草薮はとても美しくなります。
    うっそうと茂っていた夏の様子からはすっかり様変わり。
    ミズヒキ、タデ、キンミズヒキ、ミゾソバ、様々な野菊といった小さな花たちが赤、黄、白と草藪を彩ります。


    秋の森は、あちこちにすきまができ始め、そこを通り抜ける秋風は
    寂しいけど優しいのです。
    一方で秋は実りの季節。

    地面はクリ、クルミ、ドングリでいっぱい。
    草木たちは、色とりどりの実をつけて鳥や動物たちにアピール!
    いろんな山の恵みに会いにきてください。

    ガイド紹介~坂田昌子~
     国連生物多様性の10年市民ネットワーク代表/環境NGO虔十の会代表。
     CEPAジャパン理事、高尾山ネイチャーガイド。また環境関連だけでなく高尾山天狗トレイル実行委員長、八王子古本まつり実行委員長など 地域活性化にかかわる活動も積極的に取り組んでいる。
     地元の東京都高尾山の自然保護を行いつつ、生物多様性条約締約国会議や国連持続可能な開発会議などにも継続的に参加。ローカルとグローバルをつなぐ環境活動に力を入れ、日本各地での講演活動や地域の生物多様性保全の取り組みへの協力を行っている。

    【日時】10月24日(火)
    集合10時半、解散は16時半予定

    【集合場所】日影沢林道入り口
    (八王子市裏高尾町1343-1)

    【アクセス】JR/京王線「高尾駅」北口より「小仏行き」バス乗車、日影バス停下車、バスの進行方向に徒歩3分。
    ※10時12分発に乗ってください。本数少ないのでお気をつけください。
    ※駐車場もあります。数に限りがあるので、申し込みの際に車での来場の旨お伝え願います。

    【参加費】2000円(湧き水コーヒー付き、小学生以下無料)
    【定 員】 10名
    【参加申込方法】入力願います
    https://ws.formzu.net/fgen/S81707786/

    【持参するもの】飲み物、お弁当、歩きやすい靴(スニーカーで大丈夫です)、雨天の場合は雨具

      


  • 2017年09月28日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 11:462017

    坂田マサコと歩く秋の恵み溢れる高尾山@裏高尾

    ◆坂田マサコの高尾山・秋の恵みガイド@裏高尾◆

    秋が深まるころ、高尾山の草薮はとても美しくなります。
    うっそうと茂っていた夏の様子からはすっかり様変わり。
    ミズヒキ、タデ、キンミズヒキ、ミゾソバ、様々な野菊といった小さな花たちが赤、黄、白と草藪を彩ります。




    秋の森は、あちこちにすきまができ始め、そこを通り抜ける秋風は
    寂しいけど優しいのです。
    一方で秋は実りの季節。

    地面はクリ、クルミ、ドングリでいっぱい。
    草木たちは、色とりどりの実をつけて鳥や動物たちにアピール!
    いろんな山の恵みに会いにきてください。

    ガイド紹介~坂田昌子~
     国連生物多様性の10年市民ネットワーク代表/環境NGO虔十の会代表。
     CEPAジャパン理事、高尾山ネイチャーガイド。また環境関連だけでなく高尾山天狗トレイル実行委員長、八王子古本まつり実行委員長など 地域活性化にかかわる活動も積極的に取り組んでいる。
     地元の東京都高尾山の自然保護を行いつつ、生物多様性条約締約国会議や国連持続可能な開発会議などにも継続的に参加。ローカルとグローバルをつなぐ環境活動に力を入れ、日本各地での講演活動や地域の生物多様性保全の取り組みへの協力を行っている。

    【日時】9月30日(土)
    集合10時、解散は16時予定

    【集合場所】日影沢林道入り口
    (八王子市裏高尾町1343-1)

    【アクセス】JR/京王線「高尾駅」北口より「小仏行き」バス乗車、日影バス停下車、バスの進行方向に徒歩3分。
    ※9時52分発に乗ってください。本数少ないのでお気をつけください。
    ※駐車場もあります。数に限りがあるので、申し込みの際に車での来場の旨お伝え願います。

    【参加費】2000円(湧き水コーヒー付き、小学生以下無料)
    【定 員】 10名
    【参加申込方法】 入力お願いします。
    https://ws.formzu.net/fgen/S81707786/

    【持参するもの】飲み物、お弁当、歩きやすい靴(スニーカーで大丈夫です)、雨天の場合は雨具  


  • 2017年09月28日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 09:582017

    魚柄仁之助さんが八王子で語ります!

    「食文化の鑑識人魚柄仁之助さんが語る!
    大正~昭和の婦人雑誌に見る珍料理、 珍道具から暮らしの豊かさを考える」
    ー第17回八王子古本まつり―市政100周年スペシャル・ トークイベントー




    八王子市が誕生して今年で100年になります。

    100年前というと大正6年。
    その頃に比べるとわたしたちの暮しは、格段に変化しているように 思いますが、やはり人は食べて寝て働いて…という基本形は同じはず。

    大正、昭和の婦人雑誌から見えてくる庶民の暮しを魚柄仁之助さん がおもしろ、おかしく、なおかつ知的にお話してくださいます。

    魚柄仁之助さんは、明治時代から1960年代までの婦人雑誌収集量は、まちがいなく日本で一番。
    このとんでもない量の資料を読み解き、項目ごとに整理されていますが今回はなんと、これまで門外不出だったこの資料を映像でガンガン見せてくださいます!

    魚柄さんが出されたどの本にもまだ出ていない婦人雑誌をみんなで見ながらワイワイとセッションしましょう。
    今の暮しを豊かにするヒントがたくさん埋もれているかも!


    日 時:10月8日
       14時開場 14:30~17:30
    場 所:清水パーク地下1階会議室
      (八王子市旭町6- 6ピオスビル地下1階)
       八王子駅北口徒歩3分
    参加費:1000円
       ※要申込み
    https://ws.formzu.net/fgen/S55766858/

    ゲスト:魚柄仁之助さん
     1956年福岡県生まれ。食文化研究家であり、食情報鑑識家、著述業。食情報を鵜呑みにせず、科学的根拠、歴史的整合性を冷静に鑑識したうえでの食文化を「 本を書く」える著書を執筆する。食生活を中心とした生活全般の簡素化と生活の豊かさをテーマとしてエッセイ、単行本等を執筆中。資料として集めた明治~大正~昭和の料理本、婦人生活雑誌等の資料は5000冊以上。これらの資料の中から生活文化、食文化、料理などの記事をスキャンして項目別に整理した膨大な資料をもとに現代日本の食問題を鑑識している。

    コーディネーター:坂田昌子
     八王子古本まつり実行委員長、古書げんせん館店主。  


  • 2017年09月28日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 09:542017

    生物多様性地域戦略を市民の力で作ろう!

    飲んで語ろう
    ウィークエンドフォーラム 
    「八王子版生物多様性地域戦略を作ろう!」
    日時:9/30(土)19:00~21:00
    場所:アミダステーション2階(八王子市東町3-4)
    おはなし:坂田昌子さん(国連生物多様性の10年〈UNDB〉市民ネット代表)
    参加費:1,000円(1ドリンク、軽食つき)


    生物多様性って、絶滅危惧種の話?
    いえいえ、まずは生物多様性の基本のキ、基本的なとらえ方から~

    2010年愛知県名古屋市で開催された、生物多様性条約第10回締結国会議(COP10)にて、各国に求められる行動が20にまとめられた世界目標=愛知ターゲット
    (2011-2020 生物多様性を保全するための戦略計画)など、国際的な状況について

    他の地域での生物多様性地域戦略について

    地域のくらしとの関わり、八王子のまちづくりや目標設定について

    本来のエコロジーって?ーー環境だけでなく、社会、精神の分野において不可欠なもの

    国連生物多様性の10年(UNDB)市民ネット代表の坂田まさこさんは、
    植物、虫、鳥、けものたちが織り成す多様な命の物語をこよなく愛する方。
    国際会議にNGOメンバーとして参加。
    自分の頭で、体当たりで、出たとこ集中勝負で!行動し、感じたことを私たちに返してくれます。

    生物多様性についての講座や、高尾山ガイドなど、日々さまざま活躍されています。

    このところ、ウイークエンドフォーラムは昼間の開催が多かったですが、久しぶりに夜、お酒を飲みながら、軽食をつまみながらの開催です。

    リラックスしながら、長期的な視点でこれからの八王子のまちづくりを考えてみませんか。
    八王子にはまだまだ本物の自然が残されています。
    この宝ものへの感謝、共生、リスペクト?そんな時間をご一緒に過ごしませんか?

    みなさまのご参加をお待ちしています。

    以上です。
    参加申し込みは八王子ネットまで。
    TEL:042‐623‐8802
    FAX:042‐627‐4507
    mail:hachiouji-net@nifty.com  


  • 2017年09月28日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 09:492017

    トーク【山岳信仰ってなんなのさ?日本列島の生物多様性が育んだ信仰】


    【生物多様性からみる山岳信仰】

    日本にはたくさんの霊山があります。
    天狗のお山である高尾山もそのひとつ。
    今でも「殺生禁断」と大きく記された碑がたっています。
    日本には修験道をはじめ遍路巡礼、白山信仰など多様な山岳信仰の形があります。

    山は死者の魂が還るところであっ半たり、平野に住んでいても山がのぞめるところに祭祀場があったり、山そのものが神であったりと日本列島では山は畏怖の対象であり、信仰と切り離すことはできません。
    日本列島の地質的条件や生物多様性が、山への想いをどのように育んできたのか?そもそも山岳信仰ってどんなものなのか?山への畏怖をなくした現代は?
    わたしたちにとって「山」とは何のか…じっくり考えてみたいと思います。

    日 時:10月1日(日)
        15時開場 15時30分~18時
    場 所 ギャラリーむみじか
        東京都八王子市初沢町1299
    参加費:1000円+1ドリンク以上
    申込み:https://ws.formzu.net/fgen/S34054539/
        に入力をお願いします。
    講 師:坂田昌子

    ~講師プロフィール~
     高尾山の環境保全に取り組み続けているNGO虔十の会(ケンジュウノカイ)の代表・坂田マサコさん。国連生物多様性の10年市民ネットワークの代表でもあり、小さな町のカフェから海外の国際会議までと世界を飛び回る女性。
    本業(というか収入源としてのお仕事)は古本業を営む。大学では歴史学を専攻。
    専門家にしか分からない専門用語が並んだりはしないのでご安心ください。フツーの人が分かる言葉で痛快にお話してくださいます♪

    ご参加お待ちしています。  


  • 2017年09月28日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 09:432017

    満員御礼 月夜のナイトハイク

    ※現在キャンセル待ちです。

    【月夜のナイトハイク】




    ガイド・坂田マサコより
    「新暦のお盆のちょっと前、旧暦ではもう立秋です。
    町にいるとまだまだ猛暑でピンとこないかもしれませんが、
    森の中はほのかに秋の装いが感じられます。
    夕暮れ、ヒグラシの「カナカナ」という声を聞きながら静かに歩きだしてみましょう。
    涼風を感じながら、まだまだ明るい夕方、秋が近づいてくるのを知らせてくれる草木と出会い、じょじょに暗くなってくると、見え方が変わってくる森の木立を楽しんでください。
    とっぷり暮れると、満月から4日後の欠けたお月様がありがたいです。
    虫の声、夜少し騒ぐ鳥たちの声、かすかな草ずれの音、そして夜の森の匂い。
    耳と鼻と皮膚で森を感じながら歩く素敵な時間をぜひ!」


    【日時】8月12日(土)
    ※小雨決行←雨の場合、午後12時ごろに判断し、メールでお知らせします

    ・集合17時30分
    ・解散は21時頃の予定
    ※バスでお越しの方、帰りは駅まで送ります。

    【集合場所】日影沢林道入り口
    (八王子市裏高尾町1343-1)

    【アクセス】JR/京王線「高尾駅」北口より「小仏行き」バス乗車、日影バス停下車、バスの進行方向に徒歩3分。
    ※17時12分発に乗ってください。1時間に1本と本数が少ないのでお気をつけください。
    ※駐車場あります。車でいらっしゃる方は申し込み時にその旨お知らせください。

    【参加費】2000円
         ※ナイトハイクは小学生の参加不可。中学生以上から可。

    【持参するもの】飲み物、歩きやすい靴(スニーカーで大丈夫です)、雨天の場合は雨具、あれば懐中電灯やヘッドライトなど(なくても大丈夫です)
    【定 員】 10名
     →申込はこちらから https://ws.formzu.net/fgen/S18803302


    【ガイド紹介~坂田昌子~】

     国連生物多様性の10年市民ネットワーク代表/環境NGO虔十の会代表。
     CEPAジャパン理事、高尾山ネイチャーガイド。また環境関連だけでなく高尾山天狗トレイル実行委員長、八王子古本まつり実行委員長など 地域活性化にかかわる活動も積極的に取り組んでいる。地元の東京都高尾山の自然保護を行いつつ、生物多様性条約締約国会議や国連持続可能な開発会議などにも継続的に参加。ローカルとグローバルをつなぐ環境活動に力を入れ、日本各地での講演活動や地域の生物多様性保全の取り組みへの協力を行っている。  


  • 2017年08月04日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 13:492017

    平日の残暑涼みガイド

    【平日の残暑涼みガイド】

    ガイド・坂田昌子より
    「ミズヒキのきれいな紅白の花、オミナエシ、タデやハギ…









    森の草木たちは、少しずつ秋の装いを始め出しています。
    虫の声がそろそろ終わる夏を送り出す頃。
    季節の変わり目の森は、本当に楽しいです!
    夏に花を咲かせていた者たちは、かわいい実を結び始め
    晩秋に実を結ぶ者たちは、かれんな花を咲き誇らせはじめます。
    森の中で、涼風に逝く夏を惜しみ、静かに訪れてくる秋を迎えましょう!」

    【日時】8月29日(火)※雨天決行
    集合10時30分
    解散は16時30分予定

    【集合場所】日影沢林道入り口
    (八王子市裏高尾町1343-1)

    【アクセス】JR/京王線「高尾駅」北口より「小仏行き」バス乗車、日影バス停下車、バスの進行方向に徒歩3分。
    ※10時12分発に乗ってください。1時間に1本と本数が少ないのでお気をつけください。
    ※駐車場あります。車で来る方は、その旨を申込み時に記入してください。

    【参加費】2000円(湧き水コーヒー付き、小学生以下無料)

    【持参するもの】飲み物、お弁当、歩きやすい靴(スニーカーで大丈夫です)、雨天の場合は雨具。また、沢に入って遊びたくなりそうな方は着替え、タオル、濡れても良い靴(サンダル)などもお持ちください。

    【定 員】 10名
     →申込はこちらから https://ws.formzu.net/fgen/S81707786/


    【ガイド紹介~坂田昌子~】
     国連生物多様性の10年市民ネットワーク代表/環境NGO虔十の会代表。
     CEPAジャパン理事、高尾山ネイチャーガイド。また環境関連だけでなく高尾山天狗トレイル実行委員長、八王子古本まつり実行委員長など 地域活性化にかかわる活動も積極的に取り組んでいる。地元の東京都高尾山の自然保護を行いつつ、生物多様性条約締約国会議や国連持続可能な開発会議などにも継続的に参加。ローカルとグローバルをつなぐ環境活動に力を入れ、日本各地での講演活動や地域の生物多様性保全の取り組みへの協力を行っている。  


  • 2017年08月04日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 13:292017