たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

高尾山天狗トレイル大会パンフレット配布中!

10月22日(日)に高尾山天狗トレイルVol.03が開催されます。

WEBでも参加申込を受付けていますが、
下記のショップでも大会パンフレットを配布して頂いています。
郵便振替でお申込の場合は、下記のショップでパンフレットを入手の上、お申込下さい。

また、パンフレットの郵送をご希望の方は、
高尾山天狗トレイルエントリーセンターまでお問い合わせ下さい。
【高尾山天狗トレイルエントリーセンター】
TEL:03-3714-7924
〒152-0011 東京都目黒区原町1-31-9



【新宿区】
・ギャラリー2
・L-Breath新宿店
・コージツ新宿西口店
・石井スポーツ本店(新宿区百人町2-1-2)
・石井スポーツ新宿西口店(西新宿1-16-7)
・SRC新宿本店(新宿区歌舞伎町2-44-1 新宿ハイジア1F)



【豊島区】
・秀山荘(東京都豊島区東池袋1-44-8)
・好日山荘(東京都豊島区東池袋1-43-6 D-BOX内 2F)



【杉並区】
・マウントフレンド(杉並区荻窪4-31-14)
・ベアーズトレック(杉並区西荻南2-20-8)



【武蔵野市】
・ビッグオーク吉祥寺店(武蔵野市吉祥寺本町1-10-10ロータスビル1F)



【三鷹市】
・プーの森(三鷹市下連雀3ー30-12-104)



【立川市】
・白銀山荘(立川市曙町2-9-4)



【八王子市】
・ICIスポーツ八王子店八王子そごう(駅ビル)7階



【川越市】
・石井スポーツ川越店

  


  • 2006年09月20日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 23:07Comments(0)高尾山天狗トレイル

    【高尾山天狗トレイル】「Tarzan」で紹介されました。

    tarzanマガジンハウス発行の「Tarzan」455号(P.148-149)に、



    高尾山天狗トレイル2005の記事が掲載されました。



    マガジンハウス様、ありがとうございました。

      


  • 2005年11月22日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 23:56Comments(0)高尾山天狗トレイル

    ボランティアランナー(18㎞)

    tama ボランティアランナー(18㎞)のリーダーからの報告です。ボランティアランナーは当日5人集まりました。僕たちは最後のランナーの後ろについて行きます。最後のランナーの3人組は出発早々、「10㎞と間違えてエントリーしちゃった」、「こんなの私たちの走るコースじゃない」などと話しているようでした。さらに、お昼ご飯も用意してないことも判明。「リタイアするのでは」とか、「真っ暗になる前にゴールできるかな」とか、とても不安でした。



    5人のボランティアランナーはそれぞれ個性的で、長い歩行中も飽きることがありませんでした。別のトレイルの大会に参加するための練習を兼ねて、最後のランナーにぴったり付いていてくれたKさんとSさん。助かりました。しっかり仕事をこなしていて、誠実そうな感じがよく伝わってきたBくん。この調子で就職活動もがんばってください。ミミズやキノコの出現に大声でわめき続けていたKくん。最終ランナーよりも不安でした。ありがとう。山登りのベテランで、常に落ち着いてサポートしてくれたIさん。おかげで、安心して歩けました。一方、リーダーの僕は、最終ランナーの休憩の短かさに苦労し、彼らに離されることもしばしばでした。ランナーやKくんの心配をする前に自分の心配をするべきでした(笑)。



    最終ランナーの3人は僕の心配をよそに、とても楽しそうに歩き続け、日が暮れる前に無事にゴールすることができました。その瞬間のうれしそうな様子、周りのみんなの祝福。素敵な場面をすぐ後ろで体験できて幸せでした。



    みなさん、ありがとうございました!(たましょう)





      


  • 2005年10月29日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 03:50Comments(0)高尾山天狗トレイル

    「アドベンチャースポーツマガジンWEB」にレポート掲載

    btn_adventure山と渓谷社のアドベンチャースポーツマガジンWEBに、高尾山天狗トレイル2005のレポートが掲載されました。



    レースのこと、会場のこと、高尾山のこと、圏央道のこと、などなど・・・盛りだくさんの内容で記事を掲載して頂いています。ぜひ、ご覧下さい。

      


  • 2005年10月26日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 22:35Comments(1)高尾山天狗トレイル

    パスタ配布レポート

    pasuta あれから一週間が経ってしまいましたが、まずはランナー、スタッフの皆さんお疲れ様でした。あいにくの天気でしたがそれぞれが違った楽しい時間を過ごせたのではないかと思います。



    前日からほぼ徹夜で茹で続けた大量のパスタの山を雨の中運んでいる時には、せめて一人でも多くの人がこのパスタを食べてくれればと思っていましたが、実際に配り始めてみると驚くほどの減りようでした。爽やかな顔をして戻ってきたランナーたちが次々と手に取り、「ごちそうさま!おいしかったよ!」と一声かけて行ってくれる度に疲労感が心地よいものとなりました。高評だったようですね。自分では食べてないのですが、味が良かったのかな?タダだから?最後の最後まで休む事ができない仕事でしたが、最初から最後までこのイベントの様子をずっと見ていられるという意味では「おいしい」場所でもあったと思います。



    初めての参加だったのでランナーの方々がかなり本格的な事に驚きました。よくあれだけの距離を走って、すぐに食べられますね。こっちは茹でているだけでお腹一杯でしたが。といいつつ食べてるパスタ配布スタッフもいましたが…。



    でもこのイベントは最高に良かった!場所が良い!人が良い!ビールが美味い!綺麗な空気を吸って、みんなで笑顔になって。素晴らしいじゃないですか!是非来年もやりましょう。その時はまたパスタ担当でも文句は言いません。…たぶん。(きょうじゅ)

      


  • 2005年10月23日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 00:55Comments(5)高尾山天狗トレイル

    関場峠~景信山区間山中ガイドレポート

    tabata 早いもので、トレイルからもう一週間が過ぎようとしています。私たちが担当した区間は、去年けが人もでている中盤の厳しいコースでした。特に堂所山からいっきに下る坂道は一つ間違えば大けがにつながりかねない難所です。前日から降り続いた雨で足場が悪いため、覚悟はしてきたのですが、さすが場慣れたトレイルランナーの皆さんは、ものすごい迫力で駆け下りてきます。何人か足を取られて転んだ人もいましたが、幸いにも擦りむいた程度の怪我で済み、スタッフとしてはほっと一安心でした。このトレイルも今年で2回目になりますが、慌しかった前日からの準備も、雨の中でぬかるんだ山道を登った辛い思いも、ランナーのいきいきとした表情をみると、すべて吹っ飛んでしまいます。



    最後に、早朝から雨の中で一日中ランナーを見守ってくれた、スタッフの皆さんに心からお礼を言います。また、良かったら来年も一緒にやりましょう。(田畑)

      


  • 2005年10月22日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 22:06Comments(1)高尾山天狗トレイル

    ボランティアランナーレポート(10km)

    chinatsu 今年の10キロコースのボランティアランナーは5名。歩くのが日課というおじさんからOLさん、スポンサーでもあるパタゴニアの方、学生と、こんな機会でもなければ出会わないだろうと思う5人で、最終ランナーを追いかけてきました。



    前日からのあいにくの雨で、コースがすべりやすくなっていたり、ぬかるんでいたりで。。転んでしまったランナーの方がほとんどなのでは?と思います。私たちは、ほとんど歩きだったのですが、それでも大変!このコースを走りきったランナーの方は本当にスゴイ!!途中、18キロコースのランナーの方と一緒になったりしたのですが、「頑張ってください!」と私たちが声をかけると「ごくろうさま!」と言ってくださったり、、元気ですよね。



    そして、改めてトレイルランニングは奥の深いスポーツだなと思いました。トレイルランニングは山道を走るのです。山道を走るには、一瞬にして、足の着地場所を判断していかなければなりません。あの不安定なコースからいかに安定的な足場を選ぶのか。そこがトレイルランニングの醍醐味なのかなと私は思いました。私もトレイルランニングを本格的に始めてみたいなと思ってしました。トレイルランニングの講習会なんかも行われているみたいなので参加してみようなかな~と思っています。



    最後になりましたが、今回ボランティアランナーとして「高尾山天狗トレイル」に参加して、たくさん勉強させていただきました。そして、高尾の自然を満喫できたし、新たな出会いができたりで本当楽しかったです。ありがとうございました。(チナツ)

      


  • 2005年10月22日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 01:39Comments(2)高尾山天狗トレイル

    景信山〜城山区間の山中ガイドレポート

    sakurai 大会当日。天気予報通り、昨晩から雨が降り続いていた。雨のせいで足場が
    相当悪くなっていることは誰の目から見ても明らかで、ケガ人がでるのでは?
    参加者が激減するのでは?と少々心配になりつつ、担当である景信山〜城山
    区間まで皆で登って行きました。



    それぞれが担当場所へ配置につく。登山者の方達と挨拶を交わしたり、注意を
    呼びかけたりしながら待ち続けること2時間。ハイクで掻いた汗で体が冷え
    きって唇が震えはじめる。服の選択を誤ったことを後悔しつつ、体を小刻みに
    動かしながらランナーが来るはずの方向を見続けていると静寂の中から力強い
    足音で息を切らしながら走ってくる第一ランナーが見えてきた!



    その瞬間、今までの寒さを忘れてパートナーの小川くんと「がんばれ!」と
    声援を送った。次から次へとやってくるランナー達に声援をかけつづけた。
    そして、ランナーの方達もそれに答えて「おつかれさま!」、「大変だね」と
    逆にねぎらいの言葉を掛けてくれる。(涙



    本格的にトレイルランをしているだろうなという人から、ジーンズに
    Tシャツと普段着の人、どこから借りてきたんだ、それ?というような衣装を
    着ている人とバラエティに富んでいて見ているだけで面白い!



    あっという間にそんなランナー達が駆け抜けていき、最後尾のボランティア
    ランナー達も通り過ぎ、皆で「おつかれ!」と声を掛け合いながら下山開始。
    下山後は暖かい茸汁が待っていました!冷えきった体にはほんとにシミて、
    滅茶苦茶うまかったです!この一杯のために山中ガイドをやったんだな、俺は!



    帰り道、小川くんに「来年はランナーで参加だな!」と同意を求められ、
    調子にのって「そうだな!」なんて言っちゃいましたが、自分にはあのランナー
    たちのような走りっぷりはできそうにないです。それはともかく、来年もさらに
    良い大会になるように皆で作り上げていきたい!
    そして来年こそノースフェイスのバッグをいただくぞ!(サクライ)

      


  • 2005年10月21日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 21:45Comments(3)高尾山天狗トレイル

    トレイルと筋肉痛終了!!

    ando トレイルが終了して4日がたちました。ランナーの皆さん筋肉痛の様子はいかがですか?
    やっぱり山の中の18キロというのは、とんでもない距離です。
    当日は、18キロコースの関場峠と堂所山の間でコースガイドをしてたんですが、待ち時間に2、3キロうろうろしただけでふしぶし痛うなりましたもん。
    ガイド地点は、スタートから5キロちょっとのランナーの皆さんが一番キツク感じるあたりじゃなかったかな。
    山の中、一人っきりでランナーがくるのをまって、霧の中からだんだん息遣いが近付いてくる感じはなかなか感動的でした。ガイドとしては、皆さんに大きな怪我もなく終了して良かったです。
    今考えてみるとあんなに長い時間山の中に一人きりだったのは初めてだったなと思います。それとコースの右と左で、植林と自然林に分かれてたんだけど、どちらも霧雨の中、美しいなと思いました。今度また一人で歩きにこようかな。皆さんとはまた来年、山の中でお会いしたいです。お疲れ様でした。



    (山中ガイド/スタート地点~関場峠 安藤)

      


  • 2005年10月20日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 21:59Comments(1)高尾山天狗トレイル

    【高尾山天狗トレイル】終了!

    高尾山天狗トレイル2005は、無事に終了しました。
    ※携帯電話からの投稿のため、改行、レイアウトなど見にくいかもしれません。ご容赦下さい。



    足元の悪い中、素晴らしいレースを見せて頂いたランナーの皆さん、ありがとうございました。レース前の緊張した雰囲気、必死に山の中を駆け抜ける姿、人に抜かれて悔しそうな顔、抜き返して嬉しそうな顔、ゴールした瞬間の喜びを全身で表す姿、ゴール後に山のおいしい空気を吸われながら充実感をかみしめる表情、全てが感動モノでした!今年のレースはいかがでしたか?



    選手の皆さんの応援で、会場を盛り上げて下さった皆さん、ありがとうございました。雨が降る中での応援でしたので、風邪などひかれないように、お気を付け下さい。来年は皆さんも選手やスタッフとして参加してみませんか?



    参加賞や上位入賞者への景品、飲み物、食べ物などを提供して頂いた、大会スポンサー各社の皆さん、WEBや雑誌で大会を紹介して頂いた媒体各社の皆さん、大変お世話になりました。ありがとうございました。



    そして、事前準備、当日の大会運営、後片付けなど、トレイル大会を一緒に支えて頂いたボランティアスタッフの皆さん、ありがとうございました。朝から夕方までコース沿道に立ち、安全なレース進行を見守ってくれた山中ガイドスタッフ、本部・受付・荷物預かり・医療・フードなど、大会の円滑な運営をサポートしてくれた会場スタッフ、ランナーの最後尾につき設置物の後片付けをしてくれたボランティアランナー、大会の感動を多くの人に伝えるため写真をとりまくってくれたカメラスタッフ、皆さんがいなければ、この大会の成功はありませんでした。



    そして何よりも、こんなにタノシイ、こんなにキモチイ空間を僕たちに与えてくれた高尾山をはじめとする、周辺の山々に感謝です。ありがとうございました!
    虔十の会では、今後も高尾山を守るための活動を展開していきます。ツリーハウスワークショップや音楽イベントなど、さまざまなイベントも行なう予定です。今回の大会で、高尾山の自然のありがたみを知って頂き、僕たちの活動に少しでも関心をお持ち頂ければ、と願っています。



    皆さん、今日は本当に、本当にありがとうございました!コメント、トラックバックお待ちしています!皆さんのご感想、聞かせて下さいね!



    (WEBマスター こぐま)



    200510161212000.jpg

      


  • 2005年10月16日 Posted by 虔十の会(ケンジュウノカイ) at 17:27Comments(13)高尾山天狗トレイル